日本語english

Informationインフォメーション

Category 【May, 2015】

Open the Box 2015:05:29:22:45:44

文章の長い座光寺です。
先日のTEDxKobeパブリックビューイングにお越しくださった皆様、ありがとうございました。実際にTEDxの会場で参加するのはもちろん素晴らしい体験ですが、ライブ配信を見るのもまた違った面白さがありました。
同時に、昨年のTEDxSakuでの高揚感を思い出し、次のTEDxSaku開催にむけて、身が引き締まる思いでした。


さて、TEDxSakuは、昨日5月28日に2015年の開催に向けてキックオフミーティングを行い、スタートを切りました。


開催概要については、改めて告知させていただこうと思っていますが、今年もスピーカーオーディションを予定しておりますことを、ここでご報告させていただきます。昨年のオーディションの経験から、私達の知らない、まだ光が当たっていないけれども広める価値のあるアイディアが、沢山眠っているはずだと感じています。今年はより長くオーディションの応募期間をとり、じっくりと様々なアイディアに触れ、オーディションからのアイディアを大事にしていきたいと考えております。こちらでも、スピーカーの募集を大きくとりあげいきたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。


      ***


今回のテーマは「Open the Box」
箱を開けよう、です。


このテーマに至った私の想いを少し、お話させてください。

私事ではありますが、今年の2月に、第三子を出産しました。
はるか、といいます。
はるかは、お腹の中にいる時から小さく、弱い赤ちゃんでした。なんとか無事に産声をあげたのもつかの間、上手に息ができなくなったり、身体のあちこちが普通の人より弱かったりして、いろいろな検査や治療を受けてきました。はるかは、おそらくこれから先もきっと、たくさんの助けを受けながら成長していくことになると思います。
当初、はるかが人よりも弱く生まれたことについて、様々な複雑な(主にネガティブな)感情が生まれました。しかしだんだんと段階を経て、新しい感覚が芽生えてきたことに気がつきました。

それは、例えるなら引越後の段ボールの整理を延ばし延ばしにしてきたけれど、開けるべきタイミングが来てその中の一つの箱を開け、その中身と向き合っているかのような、そんな感覚でした。人生を送る自分の部屋の中を整理しているような不思議な感覚でした。それはむしろ、とてもポジティブな感情を伴っていました。


以下、私の日記から少し抜粋させてください。

<はるかDay 20日>
人生は、臭い、面倒くさい、と蓋をしておいた箱を、一つずつ開いて、整理していく作業みたいだ。「死」というゴールに向けて、すっきりさせながら、「生」と向き合っていく。死ぬときには蓋をした箱は全部すっきり整理され、気持よくこの世を去れるだろうか。障害を持つ人に対する自分の中の思いとか、身体的・精神的に弱い人への見方、格差とか政治とか、考えると手に負えなくなったり、自分が苦しくなるトピックスは、考えないことにして蓋をしてきた。はるかの誕生で、知り、学び、考えざるを得なくなった。


もしかしたら、「死」に向かっていく過程で、必要があれば、蓋を閉めるということも人生なのかもしれない。自分の興味がどうしたって偏って向いてしまう対象にあえてフタをすること(感動できるものや美しいものや美味しいもの、社会的満足・・・)今絶対的に向き合うべき「生きる!」という重責を前に価値観が大きく変化しようとしている。


蓋を開けたり、時には閉めたりして、不明なものを明らかに、不要なものを排除して、人生観を少しずつ整理しながら私は今日も生き、やがて迎える「死」をよりよいものにするための準備をしている。


TEDxSakuをはじめてやった時、子どもとの生き方、夫婦での生き方、社会の中での生き方、考えたらとても労力がかかるし面倒だからと今まで蓋をしておいたことと敢えて向き合い、そのことで様々な気付きや発見がありました。
はるかの誕生もまた、人生の節目節目で、ひとつづつ蓋を開けるということが人生をより豊かにしてくれるということを気付かせてくれました。はるかは、まぎれもなく、私達家族にとって宝物なのでした。


キックオフミーティングでは、皆にとっての「箱」の話を聞きました。そのイメージは人によって様々なものでした。見て見ぬふりをしてきた箱を思い浮かべた人、箱の大きさによって区別していた人、あえて沢山の箱を開けないようにしてきた人、箱の外にはみ出たものに憧れを抱いた人、まだ見ぬ未知の箱を開ける高揚感を思い浮かべた人。玉手箱、宝箱、ゴミ箱、びっくり箱、秘密の箱、アクリルケース...


人生の中には、様々なタイミングで、様々な場所で、様々な大きさの、様々な形の箱が転がっていて、それを一つ一つ開けて確認し、整理していくことが、よりよい人生をおくり、やがて死を迎えるときにすっきり死んでいくことに繋がるのではないでしょうか。


20150529投稿画像.jpg


  Open the Box

あなたの、見て見ぬふりをしてきた箱は、何ですか?
あなたの、開けてみたい未知の箱は、何ですか?
勇気を出して、閉じていた箱の蓋を、あるいは未知の箱の蓋を、この機会にひとつ、開けてみませんか。


2015年5月29日
TEDxSaku Organizer
座光寺るい

TEDxKobe Public Viewing開催のお知らせ 2015:05:22:21:56:33

TEDxKobe PV.jpg

●5/24(日)11:00開演、18:00終了
●参加無料
●南牧村 座光寺宅
(非営利スペース / 20人程度まで入場可能です)
(国道沿い/村役場となり/ライポくんを目印にどうぞ)
(駐車場は南牧村役場をご利用頂けます)
●主催:TEDxSaku


TEDxKobeを観ながらワイワイする会を開催いたします。
TEDxKobeは、神戸で初開催 登壇者10名のTEDx。
テーマは「Dive into Diversity」
TEDxSakuオーガナイザー座光寺るい宅にて、
ライブで観るからこそのワクワク感と時間と空間を共有しませんか?


【参加したい方は】
FBページのイベントで参加をポチッとしてください。
子連れの方は子どもの年と人数をお知らせください。
20人程度までのスペースですのでご協力をお願いいたします。


【参加時間について】
途中参加OK、途中帰宅OK、ご都合に合わせての参加OK
もちろん座光寺もいます。(多分)


【ごはんについて】
持参OKですが、南牧なのですぐ近くにはコンビニはありません。
小海か野辺山になりますので、軽い峠越えが必要となります。
徒歩圏内にストローハット・やま食堂があります。
飲み水はきっと座光寺家が分けてくれます。


【その他】
手みやげは不要です。
ライポくんは長野県の鳥・雷鳥をモチーフにした長野県警のキャラクターです。
右上は「我が家にあった神戸」横尾忠則の作品集です。

TEDxKobe
TEDxKobe Facebook

次回TEDxSaku開催のご報告 2015:05:11:23:01:58

大変ご無沙汰しています。TEDxSaku代表の座光寺るいです。
昨年の5月11日にTEDxSakuを開催して、早1年となりました。
開催にあたって、多くの皆様の深いご理解と、多大なるご協力を頂けましたこと、改めて心よりお礼申し上げます。


あれから1年、スピーカーの皆様それぞれがますますのご活躍をされていらっしゃいます。またTEDxSakuに関わってくださった皆様の"Power of community"がいろいろなところで形となっている様子を耳にし、心から嬉しく思います。


一方昨年スタッフをしたメンバーは、私を含め3名が出産し、2名が結婚し、5名が新しい仕事を始めました。1名はザンビアに旅立ち、1名は福岡に移住しました。様々な変化を目の当たりにして、時間の重みを感じる1年間となりました。
 また昨年5月11日以降も、TEDxSakuとして他のTEDxコミュニティとの交流を続けております。先日5月3日にはTEDxMatsumotoが開催され、長野県内でもTEDxコミュニティが広がりつつあることも嬉しく思います。


さて、次回のTEDxSakuについて、ご報告がなかなか出来ず、心苦しく思っておりましたが、次期開催のライセンスを3月7日に取得し、この5月より開催に向けて始動しましたことを、ご報告させていただきます。開催日程や場所含め開催概要についてはまだ未確定な部分が多いのですが、準備が整い次第、順次情報公開していきたいと思います。


今度のTEDxSakuは、1回目とはまた違った形を模索しながら作っていきたいと思っています。
運営方法も含め、テーマや開催にあたって関わる人たちの思いやその化学反応も、ここからまた新たに始まる未知なるストーリーに、私自身も胸をふくらませています。昨年のTEDxSakuとは一味違った、TEDxSaku 2ndを、どうぞよろしくお願いいたします。

20150511ph.jpg

2015年5月11日
TEDxSaku Organizer
Rui Zakoji

1