日本語english

Informationインフォメーション

オーディエンス・スピーカーのご紹介 2015:12:11:16:00:00

11月29日イベント当日、オーディエンスとして参加し、ランチタイムのスピーカー追加募集に応じて登壇した4名の「オーディエンス・スピーカー」を登壇順にご紹介します!
※スピーカーページからもご紹介しています。
http://www.tedxsaku.com/speakers/index.html

1.柳町竜吾さん
信州大学繊維学部4年生
世界はいつでもどこでもコトバであふれている。コトバのない日なんてない。 そんな当たり前のこと、あんまり気づかれていないようだけど・・・ でも じっくりコトバを聴いてみよう、見てみようよ。 コトバには意味だけでなく、そこには聞こえてくる音もあり、そして見えてくるカタチもあるんだ。 コトバの音やカタチにも目を向けてみると 何気ないコトバでもオモシロく新しくみえてくる。 コトバであふれた平凡な世界も 昨日とはちょっと変わってみえてくるー

2.田中健治さん
ハードウェアエンジニア・NPO法人メカトロニクス&ロボットクラフトワークス理事
地元企業でエンジニア(技術者)として働くかたわら、地元の子供達にものづくりの楽しさや考え方を伝える田中さん。エンジニアとして働きながらも、 日常生活の中で常に「ものづくり」の原点を忘れない田中さんが、好奇心を持ってものごとを観察し、考え、発見するきっかけを提案します。

3.飯島真紀さん
"まきお" メンタルクリニック勤務
幼少時から、ものごとに一旦集中すると周囲の状況が全く見えなくなるなどの特性がみられた。生きづらさを抱え続けたある日、気持ちと身体がSOSを出し 重度のうつ症状が出現。そこでやっと「自分との付き合い方」を考え、様々な治療や検査を試み、発達特性(ADHD)が判明。 自分の特性による生きづらさを感じてもがいた経験があるからこそ、人生を他人任せにするのではなく自分自身で選びとっていく大切さに気がついた。まきおというニックネームは、マンガ「みどりのマキバオー」の中で、サラブレッドではないが前に進もうとするマキバオーに由来する。

4.渡邉夏彦さん
信州大学教育学部1年生
大学生になり念願の彼女ができた男子学生。 そんなこんなでバラ色のキャンパスライフを送っているなか、 彼はどうしても放っておけない深刻なひとつのある悩みを抱えてしまう。 でも、その悩みは、彼にだけでなく、実は誰にでもあてはまる"みんな"の悩み。 なのに、誰もがタブーとしてさわらないし、避けたり隠したりしている・・・ そんな、タブーとされるみんなの悩みを、彼は軽やかに解くことに成功したらしい。 彼が考え出したその悩みを吹き飛ばしたアイデアとは? 


12334018_911616455581493_1269846947_o.jpg

(写真左から:柳町さん・渡邉さん・飯島さん・田中さん)